スポンサードリンク
   


居住権って言葉は滞納者用語ですよ!


よく家賃滞納者がどこかの入れ知恵で「居住権」の言葉を使用いたしますが、



もっともらしい言葉で「居住する権利」と誤解しています。



法律用語で「居住権」と云うのはないです。

居住権は無いんと!

「居住することができる権利」ならば、所有権、賃借権、使用借権、占有権などです。



では居住権はどこから来たか…考えられる権利は占有権です。



これも 家賃を支払わないで、家主から裁判所に訴えているなら、ほぼ100%家主の勝訴です。



その勝訴判決書を証拠書類として執行官に強制執行の申立をすれば強制的に立ち退かすことができます。



例え泣いても、暴れても、行くところがなくても、手とり足とりで外に出されます。つまり、家主は、その占有権を奪い取ることができます。



家財道具は一旦裁判所で預かり、取りに来なければ約1ヶ月経過後、競売となります。



人権庇護の反面ではこの様な動きも活発なんです。


借金の追い込み


もうすこし優しい対応はこちらです
★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★

滞納家賃の回収方法 法的措置の前に請求債権として給与の差押えをしたい場合は、




建物賃貸借契約借主が多額の賃料を滞納している。

しかし、借主に対し建物明渡しを求める法的措置をとるには多額の費用がかかる場合があるので、まずは、滞納賃料を請求債権として借主の給与を差し押さえたい。
(借主の勤務先は知っている。)いかなる方法をとったらよいか。


↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ 


借主の給与を差し押さえる前提として、支払督促命令の申し立て、もしくは、訴訟の提起をして債務名義を得る必要がある。その上で、裁判所に給与債権差押えの申し立てをする。



★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★




posted by WEBCHINTAI at | 勘違い用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


マネーパートナーズの特徴
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。